So-net無料ブログ作成
事業継承 ブログトップ

事業承継 親と子供 [事業継承]

会社の経営者って、
自分の「こうしたい」という思いがあるけれども、
会社の社員の願いや、
得意先のことなど
ありとあらゆる、様々な事情が
こんがらかって、絡まって、
素直にストレートに、自分の思いを実行できないのだろうか?

例えばうちの場合。
高齢な創業者(現役社長)
事業承継問題で、こんがらかっている。

何十年もかけて気付いてきた会社を
赤の他人には、譲りたくない。
自分の子供に、事業承継したいのに、
子供は、嫌がって、寄り付こうともしない。

社員の気持は、そんなバカ子供に会社継いでもらったら、
会社はどうなる?
でも、だれも、会社の株を借金までして買おうという人がいないので、
バカ子供に、会社に入ってもらうしかない。

そのバカ子供当人は、
たとえ、社員の為に、会社を存続しなければならないから、
会社の株を相続して、贈与税か、相続税を支払ったとして、

ずーっと、会社が安泰かという保証はどこにもなく。
これから、益々厳しくなる社会で、
会社を保持して行くのは、難しいに決まっているし、
もし、会社の経営に失敗したら、
自己破産
夜逃げ
自殺
の道をたどる可能性があるものは、
どうしたって、避けたい。

借りに、自分もその業種で仕事をしていて、
独立を考えているのなら、
親の会社を継げるのは、もしかしたら、ラッキーかもしれない。

しかし、その仕事に興味もなく、
むしろ、嫌いな、重労働の世界なら。
事業承継を断るのも、むりのない話し。

で、今日は、
そんな風に、社長(父)に抵抗し続けて
数年。
このまま、この問題を放置しておくと、
父親が具合悪くなったり、死んだ時に、
自分が大変な事になりかねないか、と
心配になったので、

父親と、この
開けてはいけない、面倒くさい「パンドラの箱」について、
話そうと決めた。
どうやって、切り出すか・・・・。

父親の立場になって、
ちょっと考えてみる。

父親は、自分が死んだ後に、
残された人が、いろいろやればいい。と考ている?
でも、それでは、
相続税が発生してしまって、
数千万円の税金を納めなくてはならない。
そんなお金は、節約できないのか?(残された方の気持)

税金を払う前に、
後でもいいのだろうけど、
会社をもっと大きな会社に売れれば、
会社ももっと安定して、
社員も、安心だと思うのだが・・・・。

そんな事を言っても、社長は、絶対に会社は売りたくないらしい。

社員がどうなるか、分からないからなのか?
なにが不安なのか、聞き出したい。

前回、話したのは、
社長に、退職金が入るとか、そんな目先のお金の事で、
切り出したから、「会社を売るのは絶対嫌だ」と言ったのか?
確認してみよう。

得意先にもバレて、取引を辞められたら、
会社が路頭に迷うとでも思っているかもしれないし、

前回は、社長も高齢で、毎日働くのはしんどいのでは?
早く、売って、退職金もらって、
悠々自適に暮らせば良いのに。と言った様な気がする。

会社をM&Aして、どんなメリットがあるのか、
前回は、話しが足りなかった。
もう一度話そう。







nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

すごい!柳井正の経営者になる為のノート [事業継承]

「経営者になるためのノート」

すごく分かり易い本でした。

ユニクロの創業者であり社長である柳井正さんの本ですが、
ユニクロで、経営者200人をつくるキャンペーンで、
ユニクロの社員にのみ、提供された、
いわば、社外秘のノート。

みるとアマゾンで、たくさん中古で出品されている。


経営者になるためのノート ([テキスト])



経営者になるためのノート ([テキスト])




ユニクロの社員が、いらないって出品したんだろうね。
もったいないねー

この「経営者になるためのノート」を読んだら

ユニクロが売上5兆円の会社になるわけがわかったわ。

本文のまわりに、書き込むスペースがあって、
自分の仕事と、照らし合わせて、
自分の中に、落とし込んで、
実際に行動に移していく、

本を読んで、ああ、いい話しだったでは、
終わらない本です。

行動が変わる、
優れた経営者の、考え方の軌跡をなぞる事ができる、
貴重なノート。

一番お気に入りの言葉は
第一章『変革する力』
第一項 目標を高く持つ

非常識と思えるほどの目標を掲げよ。だって
ちょっと頑張れば到達できそうな目標のことを、
高い目標とは言いません

ということです。

買って損はない。

たぶん、一生使える本です



経営者になるためのノート ([テキスト])


経営者になるためのノート ([テキスト])


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

税理士との温度差 [事業継承]

久々のブログ更新です。

今日は、事業継承の件で、税理士さんに相談してきたので、
その経緯を、書いておきます。

会社専属の税理士さんに、相談する前に、
会社の利益を優先的に考えるのではなくって、
私、個人の側に立って、助言をしてくれる、税理士さんを求めて、
ホームページで、予約を入れた、税理士事務所に、行ってきました。

そこの税理士事務所のホームページでは、
「事業継承」
「セカンドオピニオン」
「役員報酬」
うんぬん・・・と
私が欲していた、情報のキーワードが書いてあって、
電話で、女性の税理士さんにお願いしたいんだけど。と
予約をいれました。

というのは、前回の弁護士さんに、相談したとき、
「甘い!」そんなんで、会社はすぐに潰れるぞ!と喝を入れられ、
その呪縛のせいで、
現実逃避に走ってしまった経緯が、
この課題は、今年中に、決着を付けなければ行けないのに、
今は11月も末、と
後手後手にまわっってしまって、

女性なら、
「社長業と、母親業の両立は、難しい」と理解をしめしてくれるだろうと、
期待を胸に、いざ。

30分5,000円なので、言いたい事を、的確に言わなければならないのに、
現状説明で、20分くらい経過。

私の、実務はしたくないけど、報酬はもらえるのか?の
身勝手きわまりない質問も、
部外者なので、女性なので、なんの気兼ねもなく、言えて良かったけど、
やはり、
それは、難しいでしょうね。ということだった。

実務をしないで、報酬だけもらうとなると、
事実上の権力者のナンバー2、もしくは、社員の、心証悪いので、難しいと。

自分の仕事の内容を定款に加えて、私は、好きな仕事を、その引き継ぐ会社ですれば、
一応、税務署の言い訳にはなるけど、
じゃ、利益は、それぞれいくらなのか、
決算書を分けるとなれば、
今現在、私の好きな仕事では、利益を上げていないとすれば、
それほど、報酬を要求することもできない。

それほど、父親の会社の実務をしたくないのであれば、
不動産を保有して、地代家賃をもらうのが、
妥当な線だけど、
その地代家賃も、法外な価格には、できない。
相場と照らし合わせての設定なので、・・・。

会社法と、税務署対策の観点から、アドバイスをもらったのは、
代表権は、手放さない方がいい。
たとえ、役員報酬が、働かないから、もらわないとしても、
手放さない方がいい。

あとなんだっっけ?言ってたの。
録音しておけば良かったと気がついたのは、
55分くらい話し手から、
あと5分で締めくくろうと、
相手の女性税理士さんも、
結論の様な事を、いい事を言ったのだが、
なにせ、専門用語(外国語のように聞こえる)なので、
すーっとは、頭に入ってこない。

あ、そうだ、
経費はかかるけど、
弁護士を、1年に1度の、決算報告会の時に、同席させるも、手だよという事。
・女性だから、なめられる。
・事実上の実務上の権力者に、好き勝手できないように、規制を科せられる。

ということでした。

最後に、私からの質問で、
税理士として、バリバリキャリアをきづかれてきたのでしょうが、
家で、家事に専念したいと思われなかったんですか?

すると、
「離婚して、子供を食べさせていくのに、自分もたべなくてはいけないので、
やむ終えず、資格を取って、働いています。」

おっ、私と同じシングルマザーなのね。

「でも、母子家庭は、行政の支援も手厚いから、それをアテにしないの?」

すると彼女は、
「子供に、不自由な思いをさせるのは、いやだったので、頑張った」とのこと。

私なんか、
寝る暇なく働くよりも、生活保護もらった方がマシだと考えているので、
彼女と、やはり、温度差を感じた。

やはり、知的な仕事をしている人と、
ガテン系の仕事の考え方と、かなり違うかも。

どうも、私の場合は、
「働く=不眠不休で、ぶっ倒れるまで、ストレスと戦いながら、戦う!」
こんな風に感じているんだよね。

この、見えない、呪縛を払拭しなければならないかも。

そうだね〜、
会社にいざ入るとすると、
社員の事を考えて、
働き易い環境を作っていきたいね。
でも、しばらくは、
皆のお手伝いだよね。
家で、お手伝いさんでもいれば、
それはできるかもしれないか。

お手伝いさん、
若いツバメでも、囲うか?

通勤が嫌だったけど、
ツバメがいれば、
「あとお願いね」なんて言って、
家を後にできるもんね。






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

公証役場で遺言書作成した [事業継承]

ついに、公正役場にいってきました!
父も引き連れて。

税理士に、事業継承するなら、
遺言書に、会社の株を全て、一括私に、ゆずると
書いてもらった方が、
会社の空中分解を防ぐ意味でも、重要ですといわれ、
遺言書作成することに。
IMG_0912.jpg

車の中で、耳の遠い父に、
会社の資産評価いくら?って聞かれるけど、
評価が高いと、手数料も高くなるから、
「分からない」って言ってね。
と打ち合わせして、
いざ、遺言書作成の為に、公証役場に。

ここの市内には2つ公証役場がありますが、
どこも、料金は一緒なんだそう。

なので、もう1っぽうの役場は、
2回に分けて、
1回目は、口述で、遺言書作成して、
後日立会人のもとで、承認。
2回に分けた方が良いよ。

今回訪れた公証役場では、
2〜3時間かかりますが、1回で終わらせますとのことで、

後者の公証役場に。

持物は、遺言作成本人分の身分証明書(運転免許か、パスポート)
それと、認め印

相続する人(私)の戸籍謄本

会社の定款(履歴事項全部証明)

これだけ。

不動産もとなると、もっと、
不動産にまつわる、権利書とか、
なんか物ものしいものが必要だけど、
会社の株なら、これだけ。

最初は、そんな遺言書なんてなくても、
家族で、もめないし。とか思っていたけど、
ここは、税理士を信頼して、
従業員への安心材料ということで、
公正証書を作成する事にしました。

だって、高いんだよ。
今回は、会社の資産評価が1,000万ということで、
遺言加算 11,000円
原本作成 17,000円
製本   750円
謄本   750円
証人2人 6,000円
合計35,500円でした。
(紙切れ2〜3枚で)

ちょうど、1時間くらいで
役場を出られて、
超特急で、出来上がって、
良かったー。
でも、待っている間、
父と、なかなか話しにくい、
死んだ後のこと、
どうして欲しいか、
なにが、今の彼の問題か、
話しを聞く事ができて、
充実した、時間でした。

私の、今後の予定も見えて来た。
だって、この会社を継ぎたくなくって、
逃げて来た私の人生です。

子供の頃から、母から跡をつぐんだと言われていたけど、
他に、やりたい仕事があるはずと、
職を転々として、
結構だめなドラ娘でした。
あげくの果てに、外国までに逃亡。(語学留学という借りの名)
結局、父親に頼まれて、
日本に子供を連れて引き上げてきて、
継ぐけどさ、もうちょっと待って!状態だった。

でも、今は、私のすべき事が明確になって、それをこなすだけ。
私が会社に入って、ぐいぐい社員を引っ張るなんて無理なんだから、
そこではない方法を、考えるのみ。
今、「利益連動型報酬」について、勉強中。
あー、働いていないって、
時間が自由にあるって、なんて素敵♡




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

事業承継の遺言書作成 [事業継承]

事業を親から引き継ぐことになった事を、
前回のブログでも書きましたが、
今日は、
税理士から、何かある前に(現社長が亡くなる前に)
「会社の株を、全部引き継ぐという、遺言書を作っておいてもらって下さい』と言われた。

いざ、相続問題に発展した時に、
会社の株が分散で、相続になって、
会社が空中分解するのを防ぎたい
とのことでした。

それに関して、
公証人役場で、遺言書を作成してもらうのに、
電話したところ。
費用が4万円以上かかるので、びっくりした!
ただ、遺言書にスタンプを押すだけかと、思っていたら、
費用については、このサイトが詳しく乗せています

文書を作成して、
立会人2人を、同じビルの行政書士の人に、お願いして、
みんなで、読み合わせをして、
だそうです。

そんなお金はムダだ!と思いましたが、

会社で、働いている人にとっては、
その遺言書は、会社を守るべき、大切な物なので、
4万円ケチらずに、
言われた事を、キチンと実行して、
税理士さんとの信頼も築いていかなくては。

で、1度だけ、交渉役場に言っただけでは、
書面を作って、立ち会い人を待って、等で、
短時間では終わりませんよ。
最低2時間はかかります。
でも、2回に分ければ、
1回が30分とかに、短縮できますとの事なので、
2回に分けて、公証役場に行く事にしました。

その時に必要な物は、
会社の、株式に関する事なので、
会社の登記簿謄本(履歴事項全部証明)
と、遺言の作者と、相続人の戸籍謄本、印鑑証明。

とりあえずな感じなので、
明日、公証役場で、
遺言書の叩き台ができたら、
また書きたいと思います。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事
事業継承 ブログトップ
QLOOKアクセス解析

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。